胃薬の副作用

胃薬は、副作用がないと思い込んで、気軽に服用してしまう方が多いですが、実は副作用があります。身近でいつでも簡単に服用できてしまう薬ですので、副作用や正しい服用方法を知ることが大切です。

胃薬の副作用

市販の胃薬の種類と作用

胃の調子が悪いと言っても胃もたれや胃痛、胸やけなど症状はさまざまです。そのため症状に合わせて胃薬の種類も変える必要があります。胃薬の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。
胃運動機能改善(整胃)剤は胃粘液の分泌を増加させる働きがあります。胃粘液が少ないと胃の粘膜が胃酸によってダメージを受けてしまいます。胃粘液を増加させる事により胃の粘膜を守り、さらに増やすことで胃粘液の防御力も高まります。胃もたれや胸やけ、食欲不振等に服用します。
粘膜修復・制酸剤は荒れた粘膜を修復し、胃酸を中和してくれます。粘膜修復剤は傷ついた胃の粘膜を修復し、胃の血流を良くさせることで胃粘膜の再生力を高めてくれます。制酸剤は出過ぎた胃酸のpHを中和する働きがあります。胃酸が出過ぎると胃にダメージを与えるので、pHを調整することにより胃粘膜への刺激をやわらげてくれます。胃痛や胸やけ、げっぷ等に服用します。
健胃剤は胃の働きを活発にする働きがあります。主に生薬を使っているので、独特な香りや苦みで味覚や胃を刺激して唾液や胃酸の分泌を促してくれます。胃もたれや胃部膨満感、消化不良の時等に服用します。
消化剤は消化を助ける胃薬です。胃や腸にある酵素と同じような消化酵素からできているため消化を助けてくれます。食べ過ぎや消化不良等に服用します。
鎮痛鎮痙剤は胃酸が出過ぎたり胃の緊張からの痛みを和らげる働きがあります。胃が差し込むように痛い時に服用します。
酸分泌抑制剤はH2受容体という胃粘膜に存在する胃酸の分泌を調整している細胞に直接作用して、胃酸の分泌を抑える働きがあります。胃痛、胸やけ、もたれ等の時に服用します。
総合(複合)胃腸薬はさまざまな症状に効く胃薬です。いろいろな成分が配合されており飲み過ぎや胸やけ、胃もたれ等の時に服用します。
このように胃薬にはさまざまな種類があるため症状によって使い分けることが必要です。