胃薬は、副作用がないと思い込んで、気軽に服用してしまう方が多いですが、実は副作用があります。身近でいつでも簡単に服用できてしまう薬ですので、副作用や正しい服用方法を知ることが大切です。

胃薬の副作用

様々な胃痛のケアにお勧め!スクラートの胃薬

胃の痛みといっても症状は様々です。
空腹時などに「キリキリ」と痛む場合、ストレスなどで胃の粘膜がダメージを受けている恐れがあります。
また、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃痛は、「もやっ」とした重い痛みを感じるケースが多いようです。

このように、胃の不快な症状は起こる原因も、症状の感じ方も様々です。
すぐに胃痛を解消したいという場合、市販の胃薬を活用してみましょう。
ドラッグストアで手に入れる事ができる市販の胃薬は、手軽に購入できる点が魅力です。
手に入れやすいというだけでなく、胃の痛みを改善する作用を持つ成分も、しっかりと配合されています。

色々な市販薬がある中で、特にお勧めなのがスクラートの胃薬です。
スクラートの胃薬には、「スクラルファート」という有効成分が含まれています。
胃痛は胃の粘膜が傷ついたり、炎症を起こす事で感じやすい症状です。

スクラルファートはダメージを負っている部分や、炎症を起こしている部分をピンポイントにケアしてくれます。
胃粘膜がダメージを負っている部分は、血液由来のタンパク質でプラスイオンになっていると言われています。
一方、スクラルファートは胃酸に触れる事でマイナスイオンに変化する成分です。
プラスとマイナスは引きあう性質を持っている為、スクラートの胃薬は、胃粘膜の患部を素早く選んで、まるで絆創膏を貼るような感じで、胃粘膜の保護・収縮を行います。

このように、ダメ―ジを負っている部分を、ピンポイントでケアしてくれる成分なので、素早く胃痛を改善したいという方にお勧めです。
このタイプの胃薬は、空腹時に飲むとより効果を発揮します。
鞄の中に常備していれば、外出先で痛みを感じても、すぐに対応できるでしょう。