胃薬は、副作用がないと思い込んで、気軽に服用してしまう方が多いですが、実は副作用があります。身近でいつでも簡単に服用できてしまう薬ですので、副作用や正しい服用方法を知ることが大切です。

胃薬の副作用

胃が重い神経障害には胃薬よりもメラトニンが役に立つ

胃が痛いときに飲むのが胃薬であり、胃薬の効果はお酒や唐辛子などの刺激物や風邪の菌などの細菌によって胃の組織が炎症を起こしているときに荒れた粘膜を修復することで痛みを軽減させるものです。
しかし胃が痛いのは胃内部の組織が痛んでいることで発症しているのですが、先に言った刺激物や細菌感染による炎症だけが原因であるとは限らないこともあります。
その胃の痛みの中で胃が重い原因には神経に異常を出しているときが多く、その胃が重い原因が神経によるダメージで引き起こされることを神経性胃炎で現在では機能性ディスペプシアと呼ばれる症状になります。
胃が酸を分泌するのは食べ物などの内容物が胃の中に入ったときに、その食物を消化するために脳が胃の神経に強い酸を出すという信号を送ることで分泌します。
しかしストレスで神経活動に狂いが生じると、その環境に合わせるために神経が過剰に反応することで胃酸の分泌が通常よりも促進することになり胃の組織を酸が攻撃してしまうことになることが胃が重い原因です。
この症状で引き起こされた胃痛の場合で胃薬をい飲んで一時的に痛みをなくしたとしても、この胃薬は粘膜を保護するためであり根本的な解決ではないので再発リスクがありさらに過剰に飲むことで体が慣れてしまい効果が無くなってしまうことがあります。
そこで胃が重い原因での胃痛の対処法としては胃薬に頼るのではなく、自分の自己修復能力であるメラトニンの分泌を促進してあげることです。
メラトニンは脳が発する神経安静信号であり、このメラトニンが分泌されると全身がリラックス効果になり夜では就寝する際に分泌されるものです。
このメラトニンが分泌されると神経がリラックスできるので胃の神経も休まり胃が重くなるのを防いでくれるので、その分泌を促進するために寝る前に温かい牛乳もしくは常温の水を飲んでストレッチをすると分泌されやすくなります。